2017-02-09から1日間の記事一覧

畠山重忠255(作:菊池道人)

「冷えるようになったな」 秋深まりゆく頃の夕暮れ時である。 鎌倉屋敷の居間で成清と向かい合って座していた重忠は腕を組みながら身を縮めてみせる。 「年が明ければ、俺も四十二歳。随分と年をとったものよ」 成清はにこりとしながら、「何をおっしゃいま…