読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

畠山重忠275(作:菊池道人)

 眉間にやや皺を寄せながらも、眦をしっかりと上げている重忠。
 すでにいささかの動揺も感じられなかった。
「父上」
重秀が馬を前に進めながら、
「父上はいつか謀反の風聞あるはむしろ武士にとっては誉れとおっしゃいましたね」
「そうだ」
「然らば、我らが謀反人と呼ばれようとも、どうして恥じることがございましょうか。菅谷に引き返した上で、総力挙げて、謀反人の名を挙げるもまた武士の道かと」
が、重忠は、
「重保は上洛の折、平賀どのと口論に及んだ。その理由は実朝公を侮辱されたからである、と申しておったが、どのようであったかのう、あ奴の最期の様子は:」
 重忠は柏原太郎の方を向く。
 柏原は目に涙を浮かべながら
「此度も由比ヶ浜に謀反人ありとの報せに、とるものもとりあえず、駆けつけられるところでありました。そこを待ち伏せしていた三浦の郎党らに:」
 重忠は深くうなずいてから、重秀の方に向き直し、
「つまりは、終生、将軍家への忠節を忘れなかったのだ。もしここで我々が菅谷に引き返してから戦い、謀反人とされれば、重保の志を無にしてしまうのではないのか。我らの将軍家への忠節がいささかの揺るぎもないことを示すことこそが、重保への供養ではないのか」
重秀は唇をかみしめ、それ以上の言葉は返さなかった。

 重忠は連れて来た従者百三十四人を全員呼び集めると、
「我らの志は平素のごとく鎌倉に参じ、将軍家の御恩に報い、忠勤に励むことであるが、それを妨げんとする者がいる。しかしながら、我々の存念は一切変わることはない。ひたすらに鎌倉へ向かうのみぞ。いかなる妨害にも怯むことなく、前へ進むのだ。我らの本意は他家と干戈を交えることにあらず。ただし、将軍家への忠勤の道を妨げる者あらばやむを得ず成敗致す」
「おおっ」
誰からともなく鬨の声を上げ、拳を天に向かって突き出した。
 人馬は再び、歩み始めた。
 鎌倉へ向かって:。
 前方から七騎が突き進んでくる。
 安達景盛とその郎党の野田与一、加世次郎、飽間太郎、鶴見平次、玉村太郎、与藤次である。
 景盛は頼家に妾を奪われたことが発端となって謀反の疑いをかけられたことがあったため、この時こそ武勲をたてんと張り切っている。
「景盛どのは昔から知っているが、この重忠を討ち取って栄誉とせんとは殊勝なり。重秀、その方にとっては不足はないぞ。命の限り戦うのだ」
「はっ」
先程までは異論を唱えていた重秀は力強く変事すると、馬の腹を足でぽんと叩く。
 馬は勢い良く、安達主従をめがけて走り出した。
畠山重忠が倅、重秀、鎌倉に参上致し、将軍家に奉公致す所存ぞ。それを邪魔だてするとは如何なる所存か」
「謀反人が今更何をほざくかっ」
野田、飽間が矢を放ってきた。
重秀はそれを刀で叩き落す。
「若殿、加勢つかまつる」
近常も馬を走らせた。
甲冑に身を固めた安達勢と旅姿の重忠主従とが肉迫する。 (続く)
 
作:菊池道人 http://www5e.biglobe.ne.jp/~manabi/3.htm

本作はオリーブニュース http://www.olivenews.net/v3/ にも掲載しております。

本作を初めてご覧になられる方はこちらをhttp://historynovel.hatenablog.com/archive/2014

f:id:zsm55496:20170208081857j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村